日本での再出発 | 株式会社メイクアップディメンションズ
会社案内
第三章 日本での再出発(1986年~1993年)
試行錯誤を繰り返しながら
帰国後は、右も左も分からない日本の映像業界へ、新たなる作品作りをして営業しようと考えていました。そのためにも、小さくても仕事場(主に作業場)がほしいと思い、考えた末、調布にある日活撮影所の中に小さな場所を借りたいとお願いに行きました。夫には頼らずにやっていくつもりでしたが、この時は、ちゃっかり紹介だけはしてもらい、その後の交渉は自分で行ないました。 幼い娘もいるし、自宅と仕事場が一緒の方がなにかと便利という考え方もありますが、石膏や粘土など様々な材料を使うし、中には埃っぽい材料もあり、どうしても自宅と作業場は別々にしたかったので、これは大変有り難いことでした。アメリカだと自宅ガレージ(しかも車2台は駐車できるスペース)を作業場にしている人や倉庫を借りて仕事場にする人が多く、とても便利そうでしたが、東京の住環境では、仮にそんな家があっても高額でとても望めないことでした。
仕事場確保の後は、日本の特殊メイク事情(どのくらいの材料なら日本で手に入るか、どんな仕事が多いか等) を探りつつ、少しづつ設備を整えたり、帰国前にアメリカで買い込んだ、当面必要そうな材料を整理していた頃、またしてもグッドタイミングに仕事が舞い込んできました。
特殊造型製作として生首やダミーを作らせていただくことになり、これが日本での初仕事となった映画「親鸞・ 白い道」。急きょ、製作を手伝ってくれる人が必要になり、まだ特殊メイクの学校もなかった頃で、(といって、まったくの未経験者を教える余裕はなかっ た。)せめて石膏の型を作ったことのある人を探したいと思い、美大へスタッフ募集の広告を出して来てもらいました。

その後4~5年間の日本はバブル経済の真只中で、映像業界も予算が豊富にあったのだと思います。どんどんアメリカの新しい技術を取り入れた作品を作ろうという流れの真只中でした。その流れの中で、私もいろいろな人たちと出会い、面白い仕事にたくさん参加させていただきました。

中でもアメリカからSFXメイクスタッフを呼んで、日本人スタッフと合同で製作した映画「スゥイートホーム」は、私にとっても、特殊メイクを目指す若者達にとっても貴重な経験となり、その後、彼等が独立してアメリカへ進出する足がかりにもなりました(写真右)。

「スゥイートホーム」制作現場

会社設立の後に再び渡米
この作品の頃、私は仕事場を正式に法人登録し、その会社を切り盛りしつつ、撮影現場、保育園(娘を昼間預けていた)と自宅を走り回っていた感じです。しかも、携帯電話のない時代。会社を出ると今では考えられないくらい連絡が取り辛い環境でした。保育園のお迎え(当時公立保育園は6時まで)で、5時半に会社を出ようとすると仕事の連絡がきたりして、遅れると保育師(当時は保母)さんに大変ご迷惑をかけることにな るし、でも、重要なクライアントからの連絡を無視することもできず、の板挟みでもう泣きたくなることもありました。毎日が精一杯で、細かい気配りなんかまったくできていなかったと思います。今になっては手遅れですが、失礼があった方や娘にはごめんなさいという気持ちでいっぱいです。小さな失敗も多々あっ たけれど、「若さと情熱」?でなんとか乗り切ってきました。
日本経済と連動して仕事的にもバブリーな時期だったし、不思議とすべてが順調で感謝感激の日々でしたが、そ の反面こんなことがいつまでも続くとは思えなくて、漠然とした不安も感じていました。その不安とは、「予算がない、時間がない」という仕事が当たり前のようになりはじめた頃だったからかもしれません。
さらに夫が転勤で再度渡米することになった。またしても転勤!自分のやりかけている仕事をどうするのか?会社をどうするのか?など考えなければいけないことはいろいろありましたが、以外と決断は早かったと思う。結局、「家族は一緒がいいだろう。」と親子3人で渡米することに決めたのでした。正直な話、ちょっと仕事に疲れていた し、少し気分転換したいという気持ちもあったと思う。渡りに船とばかりに、会社はそのままスタッフに続けてもらい、私は日本とアメリカを行ったり来たりし ながらやっていくことにしました。「まあ、やれるとこまでやってみよう」という気持ち だったと思います。
この2度目の渡米は結果的に2年間と言う短い期間で終わりました。その間基本的にはあまり仕事をしないで、 小学生になった娘とできるだけ一緒に過ごそうと心掛けていました。学校の行事やパーティー、娘の友だち付き合いに付き添ったり、100%希望どおりとはいかなかったけれど、それなりにアメリカ生活をエンジョイし、リフレッシュして帰国となりました。
そして帰国後、バブル崩壊。私の会社もアメリカでのんびりしていた付けが回って、仕事が激減して第四章 バブル崩壊(1993年~1999年)となったのでした。